会社設立の手続きは代行業者に頼んだほうが時間とお金の節約になります。


費用 お客様ご自身でお手続き 当社提携司法書士が代行
公証役場に払う定款認証手数料(※1) 52,000円 52,000円
定款に貼る収入印紙代 40,000円 0円
法務局に払う登録免許税(※1) 150,000円 150,000円
当社にお支払い頂く費用 0円 32,400円
合計 242,000円 (※2)234,400円

(※1)合同会社の場合、公証役場に払うお金は0円、法務局も6万円だけで済みます。
(※2)当社にお支払いいただくのは、会社設立手数料の30,000円+消費税だけです。

公証役場に支払う定款認証手数料と、法務局で支払う登録免許税の合計202,000円は、どこの業者に頼んでも、お客様ご自身で会社設立手続きをされても、必ずかかる費用です。しかし、合計金額を見ますと、ご自身で手続きされたほうが高くなっています。お客様ご自身で会社設立手続きをされると、収入印紙代4万円がかかるからです。

 

電子定款(でんしていかん)で収入印紙代4万円を節約

当社提携司法書士が収入印紙代4万円を支払わずに済む理由は、これまで紙で作っていた定款を、「電子定款」という形で公証役場に提出している為です。定款の原本には印紙税法で1通あたり4万円が課税されますが、「CD内のデータ」である電子定款の場合は、課税対象となる紙の原本が存在しないため、そこに貼る収入印紙代4万円が、節約できます。